阿Qを伝えることになると、思想の上に何か幽霊のようなものがあって結末があやふやになる。
-魯迅『阿Q正伝』




どうも!

今回紹介する『阿Q正伝』の著者である魯迅は、かつて日本で医学を学び、夏目漱石にも傾倒した中国人作家です。

日本で医療を学び、祖国の人々の健康を守りたいとの信念を抱いていた青年期の魯迅は、ある講義をきっかけに時の中国人の精神構造に疑問を持ちます。

魯迅はこの疑問をきっかけに「今の中国に必要なのは、医療ではなく精神改革である」と考えるようになり、文学による啓蒙活動を開始しました。このあたりのことは魯迅の別作品で自伝的短編の『藤野先生』に詳しく書かれております。この作品についても、後々ご紹介できれば。

そして、魯迅の「啓蒙活動」の思いの中で記された作品の一つが、この『阿Q正伝』です。

『阿Q正伝』あらすじ
時代が清から中華民国へ変わろうとする辛亥革命の時期、中国のある小さな村に、本名すらはっきりしない、村の半端仕事をしてはその日暮らしをする日雇いの阿Qという男がいた。
彼は、働き者との評判こそ持ってはいたが、家も金も女もなく、字も読めず容姿も不細工などと閑人たちに馬鹿にされる、村の最下層の立場にあった。そして内面では、「精神勝利法」と自称する独自の思考法を頼りに、閑人たちに罵られたり、日雇い仲間との喧嘩に負けても、結果を心の中で都合よく取り替えて自分の勝利と思い込むことで、人一倍高いプライドを守る日々を送っていた。
ある日、阿Qは村の金持ちである趙家の女中に劣情を催し、言い寄ろうとして逃げられた上に趙の旦那の怒りを買って村八分になり、仕事にもあぶれてしまう。食うに困って盗みを働き、逃亡同然の生活を続けるうちに、革命党が近くの町にやってきた事を耳にした彼は、意味もわからぬまま「革命」に便乗して騒いだ結果、革命派の趙家略奪に関与した無実の容疑で逮捕される。 無知ゆえに筋道たてた弁明も出来ず、流されるままに刑場に引き出され、あっけなく銃殺されてしまった阿Qに、観客達は不満を述べ立てるのだった。

無知で、無教養で、浅薄で、軽薄で、低レベルな精神構造をしている主人公の阿Qという男は、最後に自分で自分の首を絞めて、処刑されます。

作中、阿Qがその愚かさ故に、町民から軽んじられる姿が描かれるのですが、阿Qは言い訳や御託を並べて自分を慰めます。その自分を慰める姿が、かえって阿Qの「無自覚な愚かさ」を描いているようで、見ていて救いようがない可哀そうな男という印象を受けました。

「無自覚」は、自分をかえりみても、自分の欠点に「気付けない」という事です。恐ろしいですね。
まさに魯迅が指摘した、中国人の芳しくない精神構造も、この「無自覚」のあたりにあります。
自分の無知に、無教養に、精神的欠陥に、気付けない人々。何からも啓蒙を受けず、確固たる信念も掲げていない。他者を貶め、笑いものにすることに恥を感じない。自分に疑問を持たない。
そんな人々への痛烈な批判が、本作では描かれます。

「じゃあ絶えず自分を疑えばいいのか」とも思いますが、それはそれで不健全ですし、今度は疑い過ぎで信念を育てられないという悲劇も生まれてしまうわけで。難しいところです。
そして、『阿Q正伝』を読んでいると、かつて自分にも阿Qのような側面が強かったことが思い出され、いたたまれない気持ちになります。恥ずかしくてたまらなく、消えてしまいたくなるんです。そういう意味では、読了には大変骨が折れました。


阿Qは最後、死に至ります。つまり、「無自覚」は死の病としても描かれているとも読めます。
阿Qの死を見世物として捉える人々もまた、やはり「無自覚」です。


阿Qを愚かだと思う一方で、自分は果たしてどうなのか。阿Qの死を笑った「無自覚」な人々になってはいないか。一歩間違えたら阿Qのようになっていたのではないか。そう思うと、背筋がゾッとします。


ではまた!