アーツ×アーツ

本好きでマンガ好きのジョン・スミスが書く、名著礼賛ブログです。

カテゴリ: フランス


あらゆる称賛、あらゆる栄誉を一身に担うというて、それほど女の浅薄な心を満足させるものがまたとあろうか。
-モーパッサン『首飾り』





どうも!

モーパッサンの中でも有名な話の一つが、今回書きます『首飾り』です。

ショートストーリーで見事なオチがつくという点が特徴的で、星新一のショートショートと同じ雰囲気が作品から漂います。

前回紹介した別作品の『ある自殺者の手記』や『狂人日記』と同様、人間の業をテーマにしたかのような内容となっております。上記の二作と異なる点は、主人公が狂わないという点です。ただ、狂ってはいないだけで、ある種の観念に憑りつかれており、精神状態は袋小路の悪循環に陥っております。

この悪循環な精神状態(しかも、自分を疑わないから決して治らない)が、自分をかえりみたときに心当たりがあるようなものだから、読んだら何だかゾッとするというわけです。


『首飾り』あらすじ
マティルド・ロワゼルは美しい女性であるが、文部省の小役人と結婚する。日頃から自分ほどの器量良しならどんな贅沢でも望めたのにと考えており、自分には手の届きそうにない上流階級の暮らしや優雅なお茶会、晩餐会を空想していた。また、彼女はドレスやネックレスといった類のものをもっておらず、そのくせ、自分はそれらを身に着けるために生まれてきたと考えるほど、そんなものばかりが好きであった。それほどまでに彼女は人にうらやまれたり、ちやほやされたかったのだ。
ある日、夫は彼女が喜ぶだろうと思い、苦労して大臣主催のパーティーの招待状を手に入れて帰ってくる。ところが、マティルドはパーティーに着ていく服がないと言いだし大粒の涙を流す。そこで夫は仕方なく、なけなしの400フランを妻のドレスを仕立てるために差し出すのであった。しかし、パーティの日が近づきドレスが仕立てあがっても彼女はふさぎ込んだままであった。夫が訳を尋ねると、今度は身に着ける装身具がひとつもないからだと言うのである。夫は友人のフォレスチエ夫人に借りに行くように提案する。
(Wikipedia)

Wikipediaから引用した上記のあらすじは、起承転結の「承」に当たる部分までです。
オチはぜひとも本書を取ってお楽しみ頂きたく思います。


なんと皮肉が効いた物語なのか、というのが読後の率直な感想でした。
物語の主人公であるロワゼルのように、「自分はもっと評価されるべき」といった思いを内に抱える人は数多い事かと思います。そんな人々はこの物語に触れるとどう思うでしょうか。

ロワゼルと自分を重ねて胸を痛める?
自分ならこんなことにならない。と笑いものにする?

いずれにせよ、簡単に割り切れない思いを抱えるのではないでしょうか。この物語に触れて何も感じない方は、きっととても幸福な方です。


自分の心のどこかに空疎な自信家であるロワゼルを見出した僕は、この物語を読んで背筋が寒くなるのでした。


ではまた!


この子を殺してみたいという慾望が、アルコールのように私を酔わせた。
-モーパッサン『狂人日記』



どうも!

『狂人日記』、かなり目を引く表題ですね。

中国人作家の魯迅、ロシア人作家のゴーゴリも同名別作品を執筆しています。
しかし、内容の関連性は不明です。未読ですので…。
これから読んでみたいですね。


中身はかなり短くて、すぐ読めます。
紙の本で、10ページ程度です。
五分くらいあれば、読書慣れしていない方でも読めるのではないでしょうか。

狂人「日記」というだけあって、内容は、ある人物の死後、彼が書き続けた日記をひたすら読者が読み続けるという形式をとっております。

誰からも尊敬される法官で、惜しまれながら82歳でこの世を去った「ある人物」。
完璧に見えたその生涯には、狂ってしまったが故の、彼だけにしかわからない悲哀がありました。


『狂人日記』あらすじ
法曹界から多くの尊敬を集めた法官が亡くなった。
亡骸は、全国民の哀悼の中に埋葬された。
彼の死後、彼の事務机の中から公証人がある書き物を見つけたが、中には、驚くべき彼の裏面が記録されていた。

その生涯で多くの殺人犯を裁いた彼は、そのうちに「なぜ、人は人を殺すのか」と考え始めます。

その問いに出した結論は恐ろしく、そしておそらく間違ってます(少なくとも世間一般の常識とは違っています)。

最後、彼の日記は精神病専門の医者たちに読まれるのですが、その医者の反応がまた、「おいおい…」と思わされるものだから、なんだかちょっと、読後感がモヤモヤします。

外から見たらおよそ完璧な人物が、少しずつ壊れていく。という話は、同じくモーパッサンの短編『ある自殺者の手記』でも書かれております。日記形式で進むという意味でも同じなので、モーパッサンのテーマは「高次な人格と狂気は共存する」とか、その辺りにあるのかもしれない。とか考えてみたり。

他の作品をどんどん読んで行けば、そのうちテーマ性にも気付けるかもしれません。
おどろおどろしいので、読み解くのに少し辟易しそうではあるのですけども、そこも文学の面白さなんでしょうか。


ではまた!

私にはこの数年来一つの現象が起きているのだ。かつて私の目には曙のひかりのように明るい輝きを放っていた人生の出来事が、昨今の私にはすべて色あせたものに見えるのである。
-モーパッサン『ある自殺者の手記』




どうも!

自殺を考える理由は、マイナスな感情によるものであると思われるかもしれません。

しかし今回紹介する『ある自殺者の手記』では、幸福だからこそ満ち足りず、自殺をする姿が描かれます。


『ある自殺者の手記』あらすじ
水曜日から木曜日にかけての夜中、二発の銃声が夜の街に響いた。
は老人が自殺をした際のものであったが、その老人は「かなり楽な生活をしていた人で、幸福であるために必要であるために必要なものはすべて具わっていた」人であった。
なぜ自殺をしたのか不思議がられるが、老人が死の間際に書き綴った手記には、人生が収束に向かうが故の退屈と瓦解について書かれていた。

退屈で苦難の無い今後の人生を憂い、老人は自殺します。
自殺の理由は辛いからではなく、辛さを感じない代わりに幸福も感じない、感情が縮小していく絶望感からでした。


満たされ過ぎて辛いなど、なんてぜいたくな悩みであることか!

生きる目標や活力が無いと、最後は死を選びたくなるのでしょうか。

ではまた!



悪徳におちいったからって、それが何なのさ、かまうことはないじゃないの!
-サド『閨房哲学』



***危険書です。自己責任でお読みください。***

どうも!

『閨房哲学』は見慣れない漢字ですが、これで『けいぼうてつがく』と読みます。

著者のマルキ・ド・サドは、フランス大革命の時代を生きた小説家です。「サディズム」の語源は彼の名前から来ているといわれていますが、その理由は、彼が性的倒錯をテーマに多くの作品を残したからです。

要するに、「引くほどの狂った性癖を持ってた」ってこと。

中でも『閨房哲学』は、彼の反社会的思想や性に対する歪んだ考え方が高密度に濃縮された、超・超・超危険書です。

時のフランス政府から発禁処分を受けてますし、サド自身も人生の半分を精神病棟と監獄の中で過ごしました。

『閨房哲学』概要
15歳の少女ウージェニーと、姉弟で交合するサン・タンジュ夫人、放蕩生活者のドルマンセとの情欲を賛美する対話を軸に展開され、無神論、不倫、近親相姦の肯定などが書かれている。小説の形式が取られているが、登場人物が台詞で自らの思想を長文で論理的に解説する部分に紙面が割かれている。
(Wikipedia)

革命期という激動の時代にあっても異端視された思想と作品だけあって、中身は蠱惑的なエネルギーに満ちております。

倫理はなぜ守られるべきなのか。

ある種答えのない難題に、自らの欲望を第一にするという姿勢で考えることで一種の答えににじり寄っているように思うのです。

分別の付く年齢になったら読んでくださいね。

ではまた!


規則というものは、宗教でいうなら儀式のようなもので、ばかげたことのようだが人間を鍛えてくれる
-サン・テグジュペリ『夜間飛行』





どうも!

『夜間飛行』は、『星の王子さま』で有名なサン=テグジュペリの別作品です。

彼は作家であると同時に飛行士でもあったので、その時の経験が物語にはふんだんに盛り込まれております。

『夜間飛行』あらすじ

 パタゴニアから、飛行士ファビアンの操縦する飛行機がブエノスアイレスへと帰還しつつあった。

ブエノスアイレスでそれを待ち受ける支配人リヴィエールは部下に対して常に冷徹で、時間の遅れや整備不良を決して許さず、厳しい処分をもってあたっていた。嫌われ者の上司に睨まれることによって、はじめて現場の規律が保たれる、というのが彼の信念であった。だが彼はつねに不安にさいなまれていた。郵便飛行の未来のため、飛行士の命を守るため、使命感から内心の不安を押し殺して必死に対処していたのだ。

(Wikipedia)


星の王子さまでは男の子の純朴な価値観や清潔な感性が描かれたのに対し、こちらは全く逆、大人の男の世界が描かれます。

初めて読んだとき、サン=テグジュペリはこんな世界も知っているのかと、その二面性に驚きました。

『星の王子さま』に全く共感できなかった人にこそオススメです。

ではまた!

このページのトップヘ