アーツ×アーツ

本好きでマンガ好きのジョン・スミスが書く、名著礼賛ブログです。

カテゴリ: アメリカ


俺とあいつはあの日あの時刻からきっちり二十年後にもう一度会おうと約束した。その時にお互いがどんな立場に立っていようと、どんなに遠く離れていようと必ずまた会おうと。
-ヘンリー『二十年後』




読了時間:約五分


どうも!

今回紹介する『二十年後』は、短編の名手であるヘンリーが書いた著名な短編です。


見事なオチがついて読みやすく、物語のお手本のような構成となってます。
世の中の劇作家の方々が参考にしてそうなイメージです。

ありがちなテーマですが、見事なオチと相まって、決して古さを感じません。

もちろん中身も面白く、ラストの数行を読んで、「やられた!」と思わず膝を打ちました。


長編にしようと思えばきっとできるであろう話の内容なのですが、短くなっております事で、密度が高く、気楽に物語の味を楽しめます。読書の入門にピッタリです。


『二十年後』あらすじ
警官が街を巡回していると、金物屋の戸口に葉巻をくわえた男がもたれかかっていた。警官を見た男は慌てて、自分がここに立つ理由をこのように説明した。「自分は二十年前に親友と、この場所この時刻で再開の約束をして、その約束を果たすためにここで待っているのだ。」


オチにまで触れてしまったら台無しなので、このあらすじは起承転結の「承」までしか書いておりません。
結末はぜひ、手に取ってお楽しみください。


日本では星新一氏がショートショートの巨匠として有名ですが、ヘンリーも同様に、短編の達人として有名です。簡単で分かりやすく、皮肉なオチがつくあたり、共通点が多い気がします。

『二十年後』も、小学生程度の日本語知識があれば十分楽しく読めますし、大人であれば皮肉なオチも楽しめます。


簡単な文章・物語だからこそ、読む人によって味わいが変わる。

読書談議が盛り上がる理由も、この味わいの違いによるものなのかもしれませんね。

僕も普段の生活では共通の作品について話ができる相手がいないから、このブログをに思いの丈を書き始めた。といった経緯があります。ぜひ、このブログをコミュニケーションのきっかけとして、ブログ読者の方と本の話がしたいですね。


ではまた!



ねえ、窓の外を見てごらんなさい。あの壁のところ、最後の一枚のつたの葉を見て。
どうして、あの葉、風が吹いてもひらひら動かないのか、不思議に思わない?
-ヘンリー『最後の一葉』



どうも!

これ、皆さん知ってる話かも。すっごい有名なお話です。

僕も読み終えてから、「えー、この話、ヘンリーの短編だったんだ!」なんてびっくりしました。


主要登場人物はこの三人

ジョンジー:画家。肺炎にかかり、入院を余儀なくされる。
スー:ジョンジーの友人。
ベアーマン:老画家。ジョンジーとスーが住む部屋の下に住んでいる。

芸術家のジョンジーは肺炎にかかり入院してしまう。担当医は「気の持ちようが回復を左右する」と、言っているにもかかわらず、ジョンジーは心身ともに疲弊していた。
見舞いに来た芸術家仲間のスーに対して、
「窓の外に見える木の葉がすべて散るときが、私の逝くときよ」なんて言い出す。
ジョンジーの様子を心配したスーは、階下に住む、老画家のベアーマンにこの事を伝える。
ベアーマンは「葉が散るときに死のうなど、ありえない!」と言い、ジョンジーを心配する。
その晩は雷雨になった。葉は全部散ったと思われたが、確認すると奇跡的に一枚残っていた。
その葉は何日も散らずに粘り続け、ジョンジーはその葉に励まされながら治療を続ける。
命の心配がなくなり、ジョンジーも元気を取り戻したころ、スーはジョンジーに伝える。
「ベアーマンさんが肺炎で亡くなったわ。雷雨の晩に、外へ出たのが原因だって。どこへ行ったのかわからなかったみたいだけど、倒れているのが見つかった時、周りには絵筆とパレットが落ちていたって。ねえ、窓の外の一枚の葉。なぜ風が吹いてもひらひら揺れないのかしら。」
ジョンジーを励まし続けた最後の一枚の葉は、ベアーマンが雷雨の夜に描いた葉っぱだった。

この話、聞いたことある人いるでしょう!

僕は多分、小学校か中学校の道徳の授業で聞いたんじゃないかなー…なんて記憶があります。

「ベアーマンの気持ちを考えましょう」みたいなテーマがあって、グループで議論しました。

しかし今思うと、この時のベアーマンの気持ちを言葉にしてしまうのは、少々無粋ですね。


作者のオー・ヘンリーは、こんな感じに綺麗にまとめられた短編が得意で、読後感もなんだかスッキリします。

前の記事で紹介した『賢者の贈り物』も、綺麗にまとまった短編でした。


アマゾンが提供する電子書籍サービスのkindleなら、ヘンリーの作品集が99円で買えてずーっと手元に置いておけますので、重宝します。

そんなわけで、「『最後の一葉』って、ヘンリーだったんだ!」と感動した記事でした。


ではまた!


二人は愚かなことに、家の最もすばらしい宝物を互いのために台無しにしてしまったのです。
しかしながら、贈り物をするすべての人の中で、この二人が最も賢明だったのです。
-ヘンリー『賢者の贈り物』




どうも!

愛する相手へプレゼントを贈るため、自分の最も大切なものを売りに出す。
しかしそれを夫婦がお互いにやってしまったら?

それが『賢者の贈り物』の描く悲喜劇です。

『賢者の贈り物』あらすじ
貧しい夫妻が相手にクリスマスプレゼントを買うお金を工面しようとする。
妻のデラは、夫のジムが祖父と父から受け継いで大切にしている金の懐中時計を吊るす鎖を買うために、自慢の髪を当時あった髪の毛を売る商人の元でバッサリ切り落とし、売ってしまう。
 一方、夫のジムはデラが欲しがっていた鼈甲の櫛を買うために、自慢の懐中時計を質に入れていた。
物語の結末で、この一見愚かな行き違いは、しかし、最も賢明な行為であったと結ばれている。
(Wikipedia)

なんか、すっっごく良い話だな。っていうのがまず初めの感想です。

二人にとっては、互いの贈り物が意味なきものになってしまったわけですが、それが何だというのでしょう。

それ以上、はるかに価値のあるものを感じられたじゃありませんか!

著者のヘンリーはこういう綺麗なオチがつく短編が得意で、ほかにも数々の名作を残しております。

いわゆる文学的な作品って、なんだか格調が高くて読後感もモヤモヤして終わることがありますが、ヘンリーは短くて簡単で、オチがつくのですごくわかりやすいですね。

ショートショートの巨匠である星新一を思い出します。

星新一ファンなら、ぜひヘンリーも!

ではまた!


このページのトップヘ