俺とあいつはあの日あの時刻からきっちり二十年後にもう一度会おうと約束した。その時にお互いがどんな立場に立っていようと、どんなに遠く離れていようと必ずまた会おうと。
-ヘンリー『二十年後』




読了時間:約五分


どうも!

今回紹介する『二十年後』は、短編の名手であるヘンリーが書いた著名な短編です。


見事なオチがついて読みやすく、物語のお手本のような構成となってます。
世の中の劇作家の方々が参考にしてそうなイメージです。

ありがちなテーマですが、見事なオチと相まって、決して古さを感じません。

もちろん中身も面白く、ラストの数行を読んで、「やられた!」と思わず膝を打ちました。


長編にしようと思えばきっとできるであろう話の内容なのですが、短くなっております事で、密度が高く、気楽に物語の味を楽しめます。読書の入門にピッタリです。


『二十年後』あらすじ
警官が街を巡回していると、金物屋の戸口に葉巻をくわえた男がもたれかかっていた。警官を見た男は慌てて、自分がここに立つ理由をこのように説明した。「自分は二十年前に親友と、この場所この時刻で再開の約束をして、その約束を果たすためにここで待っているのだ。」


オチにまで触れてしまったら台無しなので、このあらすじは起承転結の「承」までしか書いておりません。
結末はぜひ、手に取ってお楽しみください。


日本では星新一氏がショートショートの巨匠として有名ですが、ヘンリーも同様に、短編の達人として有名です。簡単で分かりやすく、皮肉なオチがつくあたり、共通点が多い気がします。

『二十年後』も、小学生程度の日本語知識があれば十分楽しく読めますし、大人であれば皮肉なオチも楽しめます。


簡単な文章・物語だからこそ、読む人によって味わいが変わる。

読書談議が盛り上がる理由も、この味わいの違いによるものなのかもしれませんね。

僕も普段の生活では共通の作品について話ができる相手がいないから、このブログをに思いの丈を書き始めた。といった経緯があります。ぜひ、このブログをコミュニケーションのきっかけとして、ブログ読者の方と本の話がしたいですね。


ではまた!


コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット