あらゆる称賛、あらゆる栄誉を一身に担うというて、それほど女の浅薄な心を満足させるものがまたとあろうか。
-モーパッサン『首飾り』





どうも!

モーパッサンの中でも有名な話の一つが、今回書きます『首飾り』です。

ショートストーリーで見事なオチがつくという点が特徴的で、星新一のショートショートと同じ雰囲気が作品から漂います。

前回紹介した別作品の『ある自殺者の手記』や『狂人日記』と同様、人間の業をテーマにしたかのような内容となっております。上記の二作と異なる点は、主人公が狂わないという点です。ただ、狂ってはいないだけで、ある種の観念に憑りつかれており、精神状態は袋小路の悪循環に陥っております。

この悪循環な精神状態(しかも、自分を疑わないから決して治らない)が、自分をかえりみたときに心当たりがあるようなものだから、読んだら何だかゾッとするというわけです。


『首飾り』あらすじ
マティルド・ロワゼルは美しい女性であるが、文部省の小役人と結婚する。日頃から自分ほどの器量良しならどんな贅沢でも望めたのにと考えており、自分には手の届きそうにない上流階級の暮らしや優雅なお茶会、晩餐会を空想していた。また、彼女はドレスやネックレスといった類のものをもっておらず、そのくせ、自分はそれらを身に着けるために生まれてきたと考えるほど、そんなものばかりが好きであった。それほどまでに彼女は人にうらやまれたり、ちやほやされたかったのだ。
ある日、夫は彼女が喜ぶだろうと思い、苦労して大臣主催のパーティーの招待状を手に入れて帰ってくる。ところが、マティルドはパーティーに着ていく服がないと言いだし大粒の涙を流す。そこで夫は仕方なく、なけなしの400フランを妻のドレスを仕立てるために差し出すのであった。しかし、パーティの日が近づきドレスが仕立てあがっても彼女はふさぎ込んだままであった。夫が訳を尋ねると、今度は身に着ける装身具がひとつもないからだと言うのである。夫は友人のフォレスチエ夫人に借りに行くように提案する。
(Wikipedia)

Wikipediaから引用した上記のあらすじは、起承転結の「承」に当たる部分までです。
オチはぜひとも本書を取ってお楽しみ頂きたく思います。


なんと皮肉が効いた物語なのか、というのが読後の率直な感想でした。
物語の主人公であるロワゼルのように、「自分はもっと評価されるべき」といった思いを内に抱える人は数多い事かと思います。そんな人々はこの物語に触れるとどう思うでしょうか。

ロワゼルと自分を重ねて胸を痛める?
自分ならこんなことにならない。と笑いものにする?

いずれにせよ、簡単に割り切れない思いを抱えるのではないでしょうか。この物語に触れて何も感じない方は、きっととても幸福な方です。


自分の心のどこかに空疎な自信家であるロワゼルを見出した僕は、この物語を読んで背筋が寒くなるのでした。


ではまた!