知識発生の最初の兆候は、死に対する希求である。
-カフカ『罪・苦痛・希望・及び真実の道についての研究』




どうも!

『変身』で有名なカフカの別作品です。

読んでから知ったのですが、本作は思想書のような作品でした。

分かる部分もあればわからない部分もあり、果たしてカフカがどれだけ考察を深めていたのか、読めば読むほど想像が膨らみます。

気になった箇所をいくつか抜粋します。


「すべての、人間の過失は、性急といふ事だ」

「ある点から先へ進むと、もはや、後戻りといふことがないようになる。それこそ、到達されなければならない点なのだ。」

「悪魔の用いる最も有効な誘惑術の一つは争いへの挑戦である。」

「人間が、たとへば、一個の林檎について抱き得る観念の多様性。」



何かに挑戦したときから、カフカは、もう「戻れない」と言っております。
「挑戦」は悪魔の誘惑であり、女性との闘いに似ているからです。
僭越ながら、そのたとえはとてもしっくりと感じられました。

しかし一方、急ぎ過ぎること(性急)にも警鐘を鳴らしております。

「挑戦」に酔いしれながらも、酔いに任せて到達を急いではいけない。と、読むことができます。

「継続」について、発展の決定的な瞬間である、とも述べています。


「挑戦」に身を投じても、「性急」にならず、「継続」を意識する。


なんか、そういうことが苦手な私は、読んでいて怒られているかのような気持ちになります。
溜息をつきたい。


ではまた!

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット