アーツ×アーツ

本好きでマンガ好きのジョン・スミスが書く、名著礼賛ブログです。


宇宙にゃこんなやつばっかりか
-冨樫義博『レベルE』





どうも!


今回書く『レベルE』は、漫画界でカリスマ的人気を博し、『ハンター×ハンター』や『幽☆遊☆白書』で知られている冨樫義博氏の作品です。

人間とはちょっと違う宇宙人が、地球に降り立ちトラブルを引き起こす。
これだけじゃなんだか楽しそうな雰囲気がありますが、そんなことはありません。

冨樫義博氏の作品特有の、「ダーク」で「オカルト」で「不条理」で「カルト」で「子供っぽ」くて「ゲームっぽい」作風が最高濃度で凝縮されております。

手元にあると、何度でも読んじゃいますね。


文庫版で上・下の二冊だけですが、密度がとても高いので、おそらく読書慣れしている方でも読了には2、3時間ほど必要です。僕、それくらいかかりました。

オムニバス形式で全八編の構成となってますので、登場人物がその都度変わります。
そういう意味では短編集と言えなくもないですが、特定の登場人物と世界設定は共通なので、連作短編作品集といった認識が良さげかもしれません。


全編あらすじを載せると実際に読んだとき興が削がれること甚だしいと思いますので、一部をWikipediaより引用します。


『レベルE』あらすじ(第一編・二編)
1.バカ王子・地球襲来編
 高校進学に伴って山形で一人暮らしを始めることになった筒井雪隆は、引っ越したその日に自分より先に自分の部屋で勝手に生活している自称宇宙人の男に出会う。追い出そうとする雪隆だが、男に言いくるめられ、結局彼を同居させた上、宇宙人であることも認めざるを得なくなってしまう。落ち着く間もなく雪隆の周りに男をめぐって、人間の宇宙人研究機関員、宇宙からやって来た男を王子と呼ぶ護衛達、さらには山形周辺を縄張りとする好戦的な宇宙戦闘民族ディスクン星人まで動き出し、風雲急を告げ始める。しかし雪隆達の不安をよそに、当の本人は全く緊迫感無く悠々とショッピングを楽しんでいた。

2.食人鬼編
 林間学校の途中、同級生が同じ学校の何者かに喰われるところを偶然目撃してしまった悪ガキ4人組は、次は自分達の番ではないかと怯え、自己防衛のために犯人探しを始めた。しかしその矢先、4人の内の一人が姿を消す。いよいよ切羽詰った彼らは、知り合いの怪しい人物に助けを求め、とあるつぶれかけの精神クリニックを紹介される。

この第一編で登場する「自称宇宙人の男」は、宇宙一の頭脳を持つ某惑星の第一王子です。
しかしその天才的な頭脳を他者への嫌がらせにしか使わず、人格は頭脳に反比例して壊れてます。人望は皆無。そしてかなりの日本びいきなので、宇宙人なのに日本語がペラペラ。彼が狂言回しとなって、物語は進みます。


『レベルE』は、登場人物全員が「自我」を持って「自分の人生」を全力で生きているのが最高です。

いわゆる漫画的な「おきまり」や「都合のいい展開」などは皆無で、各登場人物が、各自の意思に従った行動を起こす結果、物語が構築されて行くんです。

その自我に忠実なのが奇人変人宇宙人たちだから、それだけでワクワクして、楽しくて、怖くて、悲しいです。


なんか、説明しようとすればするほど、なんで『レベルE』が最高なのか、書ききれてない感じがします。

このコミックの面白さを伝えきれない自分の未熟な文章表現力が憎い!


ではまた!


とある大きな町に植物園があって、園内には、鉄骨とガラスづくりのとても大きな温室がありました。
-ガルシン『アッタレーア・プリンケプス』



どうも!


今回読んだのはガルシンの『アッタレーア・プリンケプス』です。
ロシア文学ですね。

タイトルは、温室で育つしゅろ(木の一種)の学名です。この物語は、そのしゅろが奮闘して、自由を勝ち取るまでの話です。ちゃんと彼女(しゅろは女性であることが示され、作中は、かなり女性っぽい口調で話します。)の心理描写もあるんですよ。

あらすじはこうです。


『アッタレーア・プリンケプス』あらすじ
温室で育てられた木々は、温室の中で満足な水も与えてもらえず、故郷の空を恋しくてたまらなく思っていた。
ガラスの天井に最も近いしゅろの木は特にその思いが強く、他の木々に「高く成長し、天井を突き破ろう。」と提案する。しかし誰もが提案に乗らず、叶わぬ夢だと言い張った。
貧しい水の量には不満をこぼすにもかかわらず現状を変える努力をしない木々と仲たがいし、しゅろは自分だけで天井を壊すために奮闘する。


仲間と違えても自分の夢に立ち向かうなんて、心を打つ話じゃないですか。

成功の保証は無く、決して簡単ではない挑戦です。
しかし、たった一人(人ではないけれど)、しなびた小さな草だけはしゅろの味方でした。
彼女(この草も女性です。)は、しゅろのサポーターとなり、しゅろの挑戦を見届けようとします。


作中、このしゅろの夢は叶います。
葉は裂け、ぐにゃりと枝を曲げてもなお高く育ち、
「こんなにつらい思いをしてまで叶える価値のある夢なのか」と逡巡し、
あらゆる痛みと苦悩を乗り越えて。
最後に天井を突き破り、一身に自然を感じることができました。


しかし、話はここで終わりません。
問題は、しゅろの原産地が温暖なブラジルであったのに対し、物語の舞台は秋も深まった北国であったこと。

温暖な気候で育ち、文字通り温室育ちだったしゅろが、そんな場所に出てしまったらどうなるか。


……読者の気持ちの寒暖差も、とても激しい話です。


ではまた!


それは、ロシアの大きな町であったことだ。
その晩は、クリスマスの前夜で、とりわけ、寒さのきびしい晩だった。
-ドストエフスキー『キリストのヨルカに召された少年』




どうも!


ドストエフスキーと言えば、『罪と罰』や『カラマーゾフの兄弟』で有名ですね。

実を言うと、僕は今回紹介する『キリストのヨルカに召された少年』がドストエフスキー小説の初挑戦となります。

結構前に『カラマーゾフの兄弟』の「漫画版」なら読んだことがあって、かなり面白かった記憶がありますので、じゃあ別作品を読んでみよう、となったのです。

なのに、これはかなりの短編(文庫で10ページくらいかな?)で、そっこー読み終わっちゃいました。


『キリストのヨルカに召された少年』あらすじ
クリスマスの前夜、ロシアの大きな町の地下室に一人の少年がいた。少年はおなかをすかせ、寒さに震えていた。
少年は傍らの、すでに死んでいる母親に、死んでるとは知らずに何度も声をかける。
少年は寒さに耐えかねて、地下室から抜け出し、往来へ飛び出した。


あらすじだけで胸の痛くなる話ですが、結論から申し上げますと、この少年は死にます。
誰からも救いの手を差し伸べられることもなく。

少年は、単純な感情をもって、と自分に降りかかるあらゆる出来事を受け止めます。
拒絶されれば泣きたくなり、面白い人形を見ればおかしくて笑うんです。

しかし少年の、少年故の単純さ、無邪気さが、余計にこの物語の冷たさを強調しているような気がして、読んでいてなんだかとても胸が痛いわけで。

最後、タイトルの通り、少年は神に召されます。
そこで母親とも再開し、同じように不遇の中死んだ少年少女たちに迎えられるので、ほんの少し救われて終わり。召された先では、みんな幸せにしています。


『鼻』、『はつ恋』、『外套』を読んだ時も思いましたが、なぜこう、ロシア文学はこんなに読後感が冷たいストーリーが名作として残っているのでしょうか。その方が心に訴えかけるから?

と、思いましたが、文学作品って、なんだかこんなテイストで終わる方が多いですかね。国に限らず。


もし、本作を読みたいという方がいれば、これだけの為に一冊買うことはないので、(というより、収録されてる本を探すのが大変)、無料で著作権切れの書籍が読める「青空文庫」で読むのがおすすめです。ネットで、「キリストのヨルカに召された少年 青空文庫」と検索してみてください。

ただ、「青空文庫」はボランティアの方による運営で成り立っており、全ての著作権切れの本が収録されているわけではありません。

もし無くて、どうしても読みたいとなったら、Amazonが管理している電子書籍サービス「kindle」でダウンロードしてください。Amazonアカウントとスマートフォン(もしくはパソコン)があれば無料でダウンロードできます。


ではまた!

このページのトップヘ