アーツ×アーツ

本好きでマンガ好きのジョン・スミスが書く、名著礼賛ブログです。


むかしむかしあるところに
なまえのないかいぶつがいました
―浦沢直樹『MONSTER』




読了目安:約6時間



どうも!


浦沢直樹氏と言えば、ヒットメーカーの漫画家として超有名です。
柔道マンガの『YAWARA!』(女子柔道家のあだ名である「やわらちゃん」の元ネタ!)や、三部作の邦画が大ヒットした『二十世紀少年』(女優・平愛梨さんの出世作!)の原作者として知られております。

今回紹介するのは、そんな浦沢直樹氏の名作『MONSTER』です。
全十八巻の漫画作品です。


結論から申し上げます。
この作品、めっっっっっちゃおもしろい!。


概要・あらすじはこちら!

『MONSTER』概要・あらすじ
 ドイツ、チェコを舞台とした本格ミステリー漫画。冤罪、猟奇殺人、医療倫理、病院内での権力闘争、家族の在り方(親子愛、兄弟愛)、人間愛、児童虐待、アダルトチルドレン、トラウマ、東西冷戦構造、ベルリンの壁崩壊の以前以後のドイツ社会などをテーマとしている。

1986年、天才的な技術を持つ日本人脳外科医・Dr.テンマは、ハイネマン院長の娘エヴァと婚約し、ゆくゆくは外科部長から院長という出世コースを掴みかけていた。 そんなある日、西ドイツ(当時)・デュッセルドルフのアイスラー記念病院に、頭部を銃で撃たれた重傷の少年ヨハンが搬送されてくる。Dr.テンマは、院長の命令を無視してオペを執刀し、ヨハンの命を救う。
1995年、外科部長となり職務に励んでいたテンマの前に、美しい青年に成長したヨハンが現れる。テンマの患者ユンケルスを目の前で何の躊躇もなく射殺し、過去の殺人を告白するヨハン。殺人鬼を蘇らせてしまったと自らの責任を感じたテンマは、怪物ヨハンを射殺するために、ヨハンの双子の妹アンナに再会することを企てる。殺人犯の濡れ衣を着せられ、キレ者のルンゲ警部に目をつけられたテンマは、ドイツ国内を逃亡しながらヨハンを追跡する。
(引用:Wikipedia)


天才的な外科技術と、人に愛される優しい心根を持ったテンマは、ヨハンの犯した殺人の重要参考人としてドイツ中から追われる身となります。一巻で登場した時点では柔和で小綺麗な優男だったのが、巻を重ねるごとにどんどんワイルドになっていきます。周りに対してはとても優しくて物腰の柔らかいテンマが修羅場を幾つも乗り越えてセクシーになっていく姿はカッコいいですね。僕は男ですけど、テンマかっけー!なんて、子供みたいなことを思いながら読んでました。テンマを思わず応援したくなる作品なんですよ。



これが、

IMG-1223

※『MONSTER』(浦沢直樹)1巻より



こうなります。

IMG-1224

※『MONSTER』(浦沢直樹)14巻より



メスより銃が似合う男に変貌していますね。




幕間に描かれる、サブキャラクターのエピソードもまた印象深いです。


親を殺した傭兵と生きる笑わない少女。

息子の逮捕をきっかけに退官した元警察官。

診療所を営むもぐりの医者の女の子。

死に際のテロリスト。

甘党の心優しい元殺し屋。



こういったエピソードがたまらないんですよね。

人情的というか、心に沁みるというか。

無くてもこの作品は十分面白いんですけど、やっぱりあった方が厚みが出て面白い。




そして、この作品は前半と後半で趣が異なる作品です。


前半では、ヨハンという人殺しを追う作品であるのに対して、後半は、ヨハンがなぜそのような人格を備えるに至ったかを暴く作品となります。


ヨハンもまた、より大きな闇に人生を変えられた人間だったんです。



表題の「MONSTER」が、壮大な伏線であり、ミスリードです。

本当の「MONSTER」は誰なのか。

最後の最後で分かります。




ではまた!




どうも!


本日は僕がなぜ電子書籍で読書を楽しむのか、紙の本と比較しながら理由を書き連ねることといたします。



電子書籍、最初は結構踏み込むのに勇気が必要だったんですけど、使ってみるとサイコーでした。


紙をめくるといった今までの読書習慣や、手に取れる物体を買わないと買った気がしない(物欲が満たされない)といった心理的な理由で紙にこだわりがある多くの方にも、「電子書籍、悪くないじゃん」って気付いて頂けたら嬉しいです。


僕はアマゾンの電子書籍サービス「kindle」のユーザーなので、そこで得た使い心地などを基に記事を書いていきますね。



1.本棚が不要になる。

あたりまえじゃん。って話なんですけど、これが一番大きいメリットでした。

使わなくなってわかったんですけど、本棚って、「場所も時間もお金も取る」家具です。

「スライド式の大容量収納!コミック収納目安370冊!」と謳ってる本棚でも、幅90×奥行29×高さ92cmのサイズです(参考)。身長170センチの僕のおへそほどの高さで、畳1/6程度の場所を取ります。しかも、本は処分しない限り基本的にどんどん増えていくものなので、いつか本があふれます。その時は「本を整理する」か「本棚を買い足す」かですが、いずれにせよ「本を整理する時間」「本棚を買うお金」「本棚を置くスペース」のどれかが奪われます。

そもそも電子書籍ならこれらを気にかける必要すら無いので、気持ちにも自室にも、余裕が出てきます。楽ですね。


2.いつでもどこでも本が買える

時間も場所も関係なく買えるというのは、かなりポイント高いです。

以前は欲しい本があったとなると、
着替えて→徒歩10分の本屋に行き→本を買い→徒歩10分かけて帰宅し→読む。
という流れでした。場合によっては本が無いなんてことも珍しくなく、その時は本屋のはしごをしてました。

宅配で頼んでも到着時間には家に居なきゃいけない(休みの日でも、ベットから起きて受け取らなきゃいけない)ですし、再配達にしてしまうこともありました。


kindleなら、Amazonサイトからワンクリックで本が買えます。


しかも、移動の電車の中で漫画を買ったり、テレビで観た面白そうな本をその場で買ったりと、自由自在です。

生活リズムが不規則な方でも、夜中にコミックのまとめ買いなんかができちゃったり。
まとめ買いしたコミックを家に運ぶ手間も、電子書籍なら関係ありません。


3.お得なお値段

kindleは、割引とポイントで本が安く買えます。


実際に僕が買った書籍で比較してみましょう。
(※値段やポイント付与率は、2017年3月時点のものです。)



こちら石原慎太郎氏の『天才』は、本屋で買えば1512円ですが、kindleなら1210円です。
20%オフで、ポイントも46pt(3%分)ついてきます。

つまり、348円分、23%割引で買えるという事です。

これだけ値段に違いがあれば、月に5、6冊の本を読む方なら、紙で買うより本を一冊余分に買える計算になります。


今度はコミックで比較してみます。

こちらは、2016年に完結した、世界中にファンを持つ少年漫画『NARUTO』です。全72巻が刊行されております。
今回は、『NARUTO』を全巻セットで購入する、と仮定しましょう。



紙版コミックスの値段は一巻で421円。『NARUTO』は全部で72巻なので、計算すると、買いそろえるのに必要な額は、

¥421×72(巻)=¥30312です。


一方、kindle版(電子書籍版)の値段は、一巻で400円。全部で、

¥400×72(巻)=¥28000です。

この時点で2000円以上おトクですが、kindle版はポイント付与が一巻あたり40pt(10%分)なので、2800ptが付与されます。

ポイントも込みで考えれば、およそ二割引きで全巻そろえることができるという計算になります。


Amazonで紙版コミックスを買ってもポイントは付きますが、それでもやはり、元々の値段が安い分kindle版の方がお得です。


読書にかけるお金を制限しなければならない人には、ポイントと割引きによって一冊、二冊、三冊と、読める本が増える。読書に際限なくお金を使う人にとっては、配当率の高いポイントが際限なく積み重なる仕組み。という事です。


電子書籍で本を買う習慣があればポイントは必ず消費しますので、kindleのポイント付与率の高さは大きな魅力と言えます。



4.圧倒的に読みやすい


断言します。
スマホでニュースやまとめサイトを読むのが習慣化している方ならば、スマホで読書も楽しめます。


紙の本を持ち歩くと、重いし、カバンの中を占領するし、良い事ってあんまりないです。

電子書籍なら、1000冊持ち歩いても重さは端末一個分です。好きな時に、好きな本を引き出せます。

kindleはスマホに無料アプリをダウンロードしておけばそれで読めるので、スマホがあれば端末を持つ必要さえありません。

文字サイズ、背景色、ハイライト、書き込み、辞書機能、翻訳機能、本文検索機能を使って、快適に読書が楽しめます。


読んでて、「○○について書かれてた箇所ってどこだっけ?」なんて時も、検索機能を使って、キーワードに引っかかる本文を一覧表示してくれます。
蛍光ペンで線を引くように、ハイライトも引けます。気になる情報をまとめるなら電子書籍が圧倒的に有利です。


書き込み機能も備わってますので、読書の刺激で考えた事、感じたこともちゃんと記録しておけますよ。




以上です。いかがでしょうか。
僕はなるべく本を借りるように心がけているのですが(あまりにもお金が無い学生だから)、ハードカバーを持ちながら読むのは骨が折れます。 世の中の本全部電子書籍になれ!!と思わずにいられない程に。


電子書籍を使い始めさえすれば皆様もそうなるんじゃないかって思うんですけど、どうでしょうか。


ではまた!




俺とあいつはあの日あの時刻からきっちり二十年後にもう一度会おうと約束した。その時にお互いがどんな立場に立っていようと、どんなに遠く離れていようと必ずまた会おうと。
-ヘンリー『二十年後』




読了時間:約五分


どうも!

今回紹介する『二十年後』は、短編の名手であるヘンリーが書いた著名な短編です。


見事なオチがついて読みやすく、物語のお手本のような構成となってます。
世の中の劇作家の方々が参考にしてそうなイメージです。

ありがちなテーマですが、見事なオチと相まって、決して古さを感じません。

もちろん中身も面白く、ラストの数行を読んで、「やられた!」と思わず膝を打ちました。


長編にしようと思えばきっとできるであろう話の内容なのですが、短くなっております事で、密度が高く、気楽に物語の味を楽しめます。読書の入門にピッタリです。


『二十年後』あらすじ
警官が街を巡回していると、金物屋の戸口に葉巻をくわえた男がもたれかかっていた。警官を見た男は慌てて、自分がここに立つ理由をこのように説明した。「自分は二十年前に親友と、この場所この時刻で再開の約束をして、その約束を果たすためにここで待っているのだ。」


オチにまで触れてしまったら台無しなので、このあらすじは起承転結の「承」までしか書いておりません。
結末はぜひ、手に取ってお楽しみください。


日本では星新一氏がショートショートの巨匠として有名ですが、ヘンリーも同様に、短編の達人として有名です。簡単で分かりやすく、皮肉なオチがつくあたり、共通点が多い気がします。

『二十年後』も、小学生程度の日本語知識があれば十分楽しく読めますし、大人であれば皮肉なオチも楽しめます。


簡単な文章・物語だからこそ、読む人によって味わいが変わる。

読書談議が盛り上がる理由も、この味わいの違いによるものなのかもしれませんね。

僕も普段の生活では共通の作品について話ができる相手がいないから、このブログをに思いの丈を書き始めた。といった経緯があります。ぜひ、このブログをコミュニケーションのきっかけとして、ブログ読者の方と本の話がしたいですね。


ではまた!


このページのトップヘ